夕暮れ 

 

くるみは今日も、あまり体調が良さそうではなく
散歩もどうかなぁと思ったけど
前を歩く夫とコロンの後を必死についていきました。
家から10分程歩くと、春日部市を流れる古利根川の遊歩道に出ます。
元気な頃はよくこの遊歩道を歩きましたが、
最近は、家の周りを少し歩くだけでした。
あちこち匂いを嗅いで楽しそうに見えました。
6時を過ぎていて雲の隙間から射す夕陽で
くるみの身体も光に包まれていました。
なんだかふと、夕日が落ちたらくるみも一緒にどっかにいってしまうような気がして

まだだよ。
まだ、だめだからね。

思わずくるみを抱きしめてしまいました。
くるみは迷惑そうな顔をしていました(笑)

20130602-1
20130602-2.jpg

帰りはもう呼吸が荒くて辛そうだったので、
夫が抱っこしました。



5月31日 シクロフォスファミドを投与した時の血液検査です

赤血球数   480 (550-850)
白血球数  17900 (6000-17000)

ALP    2351 (47-254)

貧血が少しずつ進行しているようです。
ALPはさらに上がってしまいました

シクロフォスファミドの効果は・・・・う~ん、よく分かりません



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

酸素ケージに入ってくれない^^; 

 

朝の散歩から帰ってきたら息が荒くなったので、
酸素ケージに入ってもらおうと思ったのですが
嫌がります
仕方ないのでチューブから直接酸素を吸引してもらってます。

IMG_0396.jpg
ちょっとは楽そうです


IMG_0395.jpg

ころちゃんが入ってみました



酸素を出す機械は廊下に置いてあるので、リビングの入り口は
こんな感じになっちゃいました
IMG_0399.jpg

コードだのチューブをガムテープで留めました


IMG_0398.jpg

あごの下にタオルをあててあげると楽なようです
でもコロちゃんが来て、タオルを咥えて持っていってしまいます
ころちゃん、お願いですからやめてください



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



category: 未分類

tb: 0   cm: 4

△top

眠れない日が続いてます 

 

日曜日の夜、月曜日の夜、
そして昨日、火曜日の夜と、あまり眠れない日が続いてます。
苦しそうです。

楽にしてあげたい。

さっきやっと眠ったので、私も少しでも寝たいから
くるみの隣りに横になったけど
くるみの寝顔を見ていたら、これからのこと、いろいろ考えてしまって
眠れませんでした。

くるみは、キャバリアらしいキャバリアです。
天真爛漫、人懐っこい、人も犬も大好き。
食いしん坊。
いつも尻尾をブンブン振って楽しそう。

そんなくるみが今、苦しんでます。
まだ4歳なのに。


2013-5-3 010

先日、ころちゃんだけ連れて散歩をしていたら
70代くらいの女性に声をかけられました。

「かわいいわね~。
 うちも前は犬飼ってたんだけどね、死んじゃって。
 でももう歳だから飼えないしね。
 それに、最期が辛いからね・・・。
 最期は苦しんでね・・見てられなくて、安楽死してもらおうと病院まで来るんだけど、
 どうしても中に入れなくて。
 家に帰るんだけど、やっぱり苦しそうで。
 で、また病院の前まで来るんだけど入れなくて。
 そんなのを3回繰り返したら、息をひきとったのよ。」

辛すぎるお話でした。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



category: 未分類

tb: 0   cm: 6

△top

ニムスチン投与 

 

きのう病院に行ってきました。
本当は今日、金曜日が通院日だったのですが
ずっと苦しそうだし、もう抗がん剤治療はやめて
緩和治療にしてもらおうかと思って、
今後の相談をしたいと思い行ってみたのです。

とにかく私は、息が苦しそうなのが見てられないほど辛いって言ったんだけど、
そしたら先生が
「う~ん、喉に穴を開けて管から酸素いれるようにしましょうか」って。

はぁ??
本気で言ってるんですか??

私は2週間くらい前に観に行ったホラー映画「クロユリ団地」を思い出しちゃいましたよ
気管切開した女性が迫ってくる怖い場面があったんです

私 「ちょっとねー、痛そうだし、怖いんで嫌です」
先生「そうだよね~痛々しいよね~」
私 「先生だったらどうするの?穴あけるんですか?」
先生「うちの犬だったら?」
私 「うんうん」
先生「僕ならニムスチン打つよー」
私 「そうだよねーやっぱり・・・打ってみようかな」
先生「うんうん。打たなかったらほぼ1カ月で死んじゃうからね」

まぁ、こんな変な展開でニムスチン打ってみることにしちゃって
くるちゃん、ごめんね


ニムスチンはロムスチンと同じような働きをする薬だそうです。
ニムスチンのメリットとしては
国内の薬なので入手しやすい。
点滴投与なので確実に入れられる(ロムスチンは飲み薬なので、飲ませて短時間で嘔吐される場合がある)
デメリットとしては
わりと最近の薬なので、データが少ない。
ロムスチンは多く使われているので、たくさんのデータがある

ロムスチンのほうが良ければ、ロムスチンでもいいよ。とのことでした。
私は、点滴投与のほうがいいかなと思ってニムスチンにしました。

昨日はすごくぐったりしてました。
今までの抗がん剤だったら、投与した日はすごく元気でした。
やっぱりニムスチンは強い薬なのかなぁと
くるちゃんに申し訳ない気持ちになりました。
今日の午後になってから、だいぶよくなってきた感じです。
今も寝てます。よく眠れているようで、ほっとしてます

薬が効くといいなぁ



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村






category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

ニムスチン投与後(覚え書き) 

 

6月6日 ニムスチン投与

投与2時間後嘔吐(病院で。迎えに行った時に聞かされた)

16時30分頃、病院を出てすぐオシッコ。その後すぐ座り込み伏せの状態。
呼吸も荒い。
荒さがが今までとちょっと違う感じ。乾いた感じで苦しそう。
ずっと酸素室に入れてもらってたようなので、そのせいか?と思いながら
しばらく駐車場の車の中で様子を見る。
水を飲ませたら少し落ち着いたようだったので家に帰ることにした。

家に帰ってからも苦しそうな様子は変わらず。
食欲はある。

夜中もほとんど眠れず。

朝になっても様子変わらず。
食欲はある。

6月7日午後になって、ようやく落ち着く。
とても楽そうに見える。
ハァハァしてない。
こんな感じは久しぶりなので嬉しかった。

18時ごろ散歩に出る。
少し歩いただけだったが呼吸が荒くなった。
家に帰ってからもしばらく苦しそうだった。

食欲なし。夕飯食べず。

20時30分頃 嘔吐。濃い黄色の液体。

21時30分頃 食べ物を欲しがる。茹でたササミ3本食べた。

23時30分頃 二階寝室へ。しばらくハァハァしていたが寝た。

夜中何度かハァハァしながら動き回る。

午前5時頃、ハァハァ苦しそうで眠れないようなので1階に連れてきた。

6時頃 おしっこ

7時頃 落ちついてきた。眠った。



category: 覚え書き

tb: 0   cm: 0

△top